スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HGUCとオリジン版ザクの相違点を考える。

では記念すべき第一作目はHGUCのシャアザクです。
HGUCシャアザク箱絵HGUCシャアザク全体

コミックと睨めっこをしながらどこが違うのかを見たところ一番大きな特徴は体がゴツイこと
だと判断、このHGUCシャアザクは無改造でも十分カッコいいので、オリジン版の要素をうまく取り入れる方向性でいきます。
忠実に再現するにはフルスクラッチ作業に突入しそうなので・・・(汗)
私は模型をフルスクラッチする時に、まずポリゴンのモデリングを作成して自分の中で
イメージを固めてから実作業に入るのですが、ついでにCGで説明すればこのブログを
読んでくれる人に改造箇所をなるべくわかりやすく説明できるのではと無謀なことを
考えております。
しかしCGに時間をかけるのは無意味なのでローポリゴンで短時間で製作します。
使用するソフトは3DポリゴンモデラーのMetasequoia(メタセコイア)でCGを製作する時に
必ず使っているものです。
操作がシンプルで自分の思った形状にポリゴンを変形できるので、誰でもすぐに自分の
作りたいものをモデリングする事ができます。
私はフリーウェア版を使用しているのですが、シェアウェア版では独自形式以外での
ファイル出力やプラグインの利用などができより使う幅が広がるそうです。
参考資料も多く出版されているので機能を極めようと思っている人にもお勧めです。
CGの製作法は書きませんが模型の改造箇所は分かりやすいのでは?
では以下に改造箇所を部分ごとに書きます。


シャアザク頭CGザク頭
赤い色で表示してある部分が改造箇所です。
頭は頂点にいくにしたがって、絞り込まれているような印象を受けます。

胴体
シャアザク胴体CGザク胴体
肩幅が広くてコクピット周りを中心に、前方にせり出しています。
また両側にダクト状の排気口らしき物があり、肩の上に3連ガトリング砲があります。
ウエストが太く、スカートが下にいくにつれ広がり上図のように6つの装甲に分かれています。
中央のふんどし部分は前方にかなり突き出ています。
胴体の部分がオリジン版ザクの一番目立つ特徴ではないでしょうか。


シャアザク腕CGザク腕
肘の間接部分にMGのようなパーツがあります。
下腕部分がHGUCでは3分割ですが4分割になっており、手首がしまっています。


シャアザク脚CGザク脚
赤い部分のように脚のすそが前方に出ています。
膝の関節部分にマイナスモールドのパーツがついています。
上のCGでは見えませんが、ふくらはぎ部分にバーニアがあります。

シールド
シャアザクシールドCGザクシールド
シールド裏のモールドが違います。

スパイクアーマー
シャアザクスパイクアーマーCGザクスパイクアーマー
赤色の部分にバーニアのようなくぼみがあります。

バックパック
シャアザクバックパックCGザクバックパック
バックパックは完全オリジナルなデザインとなっております。
ここはフルスクラッチするしかないでしょう。

そして最後に全体のCGを載せたいと思います。
シャアザク全体2CGザク全体
このCGを参考に、ただの太ったザクにならないように注意して改造を行おうと考えております。
ではまた後日に。



機動戦士ガンダム ジ・オリジン ザクフィギュア機動戦士ガンダム ジ・オリジン ザクフィギュア
()
バンダイ

商品詳細を見る
胴体がガッシリしていてオリジン版ザクの特有の無骨な描写を忠実に作られています。
アニメ版とは違うバックパツク、ザクマシンガンに繋がる給弾チューブも再現されていますね。

スポンサーサイト

オリジン版シャアザクを造形する。

ごぶさたしております。
前回からかなり時間が経過していますが模型製作は着々と進んでいまして
実はほとんど改造の部分は完成していたりします(笑)。


シャアザク頭改造シャアザク頭
写真ではあまり分りませんが頭の先端をかなり削っています。
前もって頭の内側にポリパテのモリモリを付けておいて加工しました。
モノアイ枠の周辺、黄色いのがモリモリ、少し白っぽくなっているのはアルテコのSSP-HG
黒っぽいのはWAVEの黒い瞬間接着剤 (高粘度タイプ)です。
いろいろ使っています。
モノアイはWAVEのH-EYESクリアの3.5ミリを使用。
HGUCのザクは少し改造をするとモノアイの可動を実現することができるのでお勧めです。
改造シャアザクモノアイ改造シャアザクモノアイ可動
このように動きます。
頭を取り外して白いバーを動かすことによって可動できます。
動力パイプは現在キットのものですが、コトブキヤのモビルパイプを使用しようと計画しています。
イメージがぜんぜん違うので。


シャアザク胴体改造シャアザク胴体
がっしりした胴体を表現するために両側にタミヤの1.0ミリプラ板を貼って幅増した後
胸のほとんど前面をモリモリにてボリュームアップ。
排気口のようなパーツは、0.3ミリプラ板と1ミリプラ板によって作っています。
肩の3連ガトリング砲はタミヤの3.0ミリ丸棒で表現(銃身は0.6ミリの真鍮パイプの予定)
上面カバーは1ミリプラ板をヒートプレスで加工しました。
ふんどし部分は同じくモリモリにて前方に3ミリほどボリュームアップ。
スカートは前回のCGのように6分割にして、各パーツの下を2ミリ延長、内側に0.5ミリ
プラ板を2枚貼って重厚なオリジン版ザクの表現をしました。
白い部分がプラ板で新たにスカートを新造してあります。
新造してあるスカートはコトブキヤのスプリングユニット1.5mmで本体につなげてあります。

改造シャアザク体横腕なし 改造シャアザクスカート厚さ

横から見るとこんな感じでいかつくなっています。
下から見ると重厚なスカートになっているのが分ります。


シャアザク腕改造シャアザク腕
腕はあまり改造をしていません。
肩の下を1ミリプラ板で延長して斜めの隙間の部分をモリモリにて埋めています。
肘の関節部分にはWAVEのIチップ 台形7.0ミリの背の低いパーツを使用、中央に4ミリの穴を開け
コミックで表現されているギミックを0.3ミリプラ板と1ミリプラ板を使用して作っています。
前回の記事の下腕部の改造ですが現在するか?しないか?で悩んでいますので今回は保留と
します。
HGUCでも十分格好いいので、いじるとバランスを壊しそうで…(汗)


シャアザク脚改造シャアザク脚
脚はすその前方を1ミリプラ板にて新造、自然な感じにする為モリモリで補っています。
膝の関節部には、コトブキヤのマイナスモールド IIの8ミリを7ミリサイズに削って使用しています。

改造シャアザク脚後ろ
脚の後ろはこんな感じです。
中央に凹状のラインがあるので、0.3ミリのプラ板を貼って表現、バーニア部分を作るためふくらはぎの
裏部分にMr造形用エポパPRO-H>(高密度タイプ)を着けた後削り込みます。
Mr.造形用 エポキシパテ エポパ PRO-H (高密度タイプ)Mr.造形用 エポキシパテ エポパ PRO-H (高密度タイプ)
()
ジーエスアイ クレオス

商品詳細を見る

バーニアにはコトブキヤの丸ノズル(S)プラユニットP106 丸ノズルSの3ミリを使用してあります。

シールド
シャアザクシールド改造シャアザクシールド
シールドの裏のモールドが違うのでモリモリで埋めた後、0.5ミリプラバンでオリジン版の表現をしました。

ショルダーアーマー
シャアザクスパイクアーマー改造シャアザクショルダーアーマー
写真の大きさがかなり違ってしまいましたがスルーしましょう(汗)。
定番ですがスパイクはコトブキヤのプラユニットP128 スパイク7.0ミリの背の高いほうを使用します。
しかし2つしかなかったので追加で購入しなければなりません、トホホ…。
横にあるバーニアのようなモールドは裏からエポキシパテを着け硬化後にデザインナイフで
削りこみます。

バックパック
シャアザクバックパック改造シャアザクバックパック横斜め
今回の肝、ほとんどフルスクラッチとなったバックパックです。
CGからおおまかな形を想像しながら、キットのパーツにエポキシパテを盛っていきます。
グレイの部分がエポパテです。
ある程度納得のいく大きさ、形になったら鉄やすりで削り込んでいきます。
盛ったり削ったりを繰り返しながら形にしていきました。
白い部分がプラ板とプラ丸棒でできています。
バーニアはコトブキヤのプラユニットP109 バーニアノズル IIの3番を使用しています。
バーニアのカバーは実はバーニアノズルⅡの3番を型にして1ミリプラ板のヒートプレスにて
作っています。
熱で変形するとまずいので必ず冷やしてからヒートプレスをしましょう。

改造シャアザクランドセル斜め横改造シャアザクランドセル斜め下改造シャアザクランドセル斜め上改造シャアザクランドセル真後ろ

全体
シャアザク全体2改造シャアザク全体

改造シャアザク全体斜め前下

改造シャアザク全体斜め下


改造シャアザク全体斜め前上

改造シャアザク全体後ろ

改造シャアザク全体斜め後ろ

改造シャアザク全体斜め後ろ上

現在このような進行です。
今後動力パイプやバルカン砲等のグレードアップ、表面処理、塗装を行いたいと
思っております。
最後まで読んでいただきありがとうございました。
ではまた後日。



機動戦士ガンダム ジ・オリジン ザクフィギュア機動戦士ガンダム ジ・オリジン ザクフィギュア
()
バンダイ

商品詳細を見る
胴体がガッシリしていてオリジン版ザクの特有の無骨な描写を忠実に作られています。
アニメ版とは違うバックパツク、ザクマシンガンに繋がる給弾チューブも再現されていますね。

オリジン版シャアザクのパイプ類の製作。

こんばんわ、だんだん日没が早くなってきてもうすぐ冬だなと実感する今日この頃ですが
みなさまいかがお過ごしですか?。
今回は前回からあまり作業的には進んでいないのですが記事にしたいと思います。
ザクの動力パイプをプラユニットP112 モビルパイプに替えるのでパーツを注文して手に入れました。
モビルパイプ
このパーツはHGUCモビルスーツのパイプが一繋がりに1パーツになっているのをMGクラスで表現
されているようなパイプ一つ一つを別パーツにする事ができます。
それによってHGUCザクを1ランク上の完成度に上げることができます。


改造シャアザク頭改造シャアザク頭パイプ
見た目的にかなり違って見えますよね。
頭の動力パイプは内側から、1.0ミリのシンチュウ線、コトブキヤのスプリングユニット 1.5ミリ
モビルパイプの一番小さい2.5ミリのパーツです。
改造シャアザク頭横
シンチュウ線を曲げてザクの動力パイプ特有のカーブを描くようにします。
パイプは片方で11個合計22個使用します。

胴&脚
改造シャアザク胴脚パイプ
写真が暗めですみません。
胴体、脚のパイプは一つ大きい3.5ミリの物を使います。
内側からシンチュウ線、コトブキヤのスプリングユニット2.0ミリ、モビルパイプ3.5ミリと
なっております。
パイプは胴が片側9個合計18個、脚が片側8個合計16個、HGUCザク一体にモビルパイプを
2セット使用します。
余ったパイプは1/100サイズのモビルスーツに使えそうです。

<ザクマシンガンについて>
オリジン版ザクのマシンガンはアニメ版とは大きく違っている点があります。
アニメ版では弾倉がドラムマガジンなのに対して、オリジン版ではバックパックの方に弾倉が
あるのです。
そこからマシンガンの方に蛇腹のチューブによって繋がれて弾が送られています。
以前のCGではマシンガンを描くのがめんどうくさい、ましてやチューブをモデリングするのも
めんどくさいと敬遠していたのですが、作業する場所が残り少ない状況になり
そろそろ考えないといけないなーと、重い腰を上げた次第でございます。
当初チューブは四角いコードとプラ版で作ろうと思ったのですが、ホームセンターに行って探しても
どれもコードが丸かったり、平べったくてもサイズが太かったり厚かったりでイメージするものが
見つからない。
そこで視点を変えてコード以外の物を使用する事に決め、店内を回ってみつけたのがコレです。

ロックタイ
サイズも材質も申しぶんなし。しかもこんなに入って値段も安い。
ホームセンターは宝の山だと感じました。
市販パーツはたしかにそのまま使えて便利ですが、値段がどれも高いので・・・。
ホームセンターでディテールパーツとして代用できるものを今後発掘していきたいと思いました。

弾倉のチューブ
シャアザク蛇腹チューブ

写真右側が1.0ミリプラバンを3ミリサイズに短冊切りしたものを箱組みした物。
横5ミリ、縦3ミリとなり、中には3ミリの穴ができています。
それを写真左側のように2ミリずつにカットして、ロックタイに通していきます。
私はこのような小さくて単純な作業が嫌いなのですが、我慢して続けます。

シャアザクチューブ
全部で37個のチューブを作り完成です。
疲れました。
でも苦労しただけあって、満足のいく物ができました。
改造シャアザク全体チューブ前
改造シャアザク全体チューブ後ろ2
改造シャアザク全体チューブ横1
改造シャアザク全体チューブ横2
このようにポーズによってフレキシブルに動きます。
今日はここまでです。
ではまた次回。



機動戦士ガンダム ジ・オリジン ザクフィギュア機動戦士ガンダム ジ・オリジン ザクフィギュア
()
バンダイ

商品詳細を見る
胴体がガッシリしていてオリジン版ザクの特有の無骨な描写を忠実に作られています。
アニメ版とは違うバックパツク、ザクマシンガンに繋がる給弾チューブも再現されていますね。


オリジン版シャアザクのパーツを複製する。

こんばんわ。
あまり進んでいませんが、なるべくブログ更新したほうがいいと思うので報告します。
足りないディテールパーツを注文して部品を購入しようかとも思いましたが、なんとなく
お金がもったいない気がしたので複製をしました。

<複製>
改造シャアザク軸複製
シリコン型にはボークスの造形村新スーパーEXシリコン、キャストは造形村EX-CASTです。
他の商品使っていませんのでよくは分らないのですが、これといって問題なく複製できるので
私はいつもこれを使っています。
シリコン型はなるべく倹約して作りたかったので片面が主剤25g、硬化剤1g。
両面で主剤50g硬化剤2gを使用しました。
キャストはA剤2g、B剤2g合計4gです。
重量が少ない程、配分がシビアになるので今回一番気を使いました。
硬化剤(A剤)が主剤(B剤)より少ない場合、気泡がたくさん出るようです。
逆に硬化剤(A剤)が多い場合は、早く固まりすぎます。
2回の失敗を含めて6回作りました。

<肘パーツ、スパイク>
改造シャアザク軸と針
肘の白いパーツと肩の白いスパイクがキャスト製です。
やっとこれで、本体の改造はほとんど完了です。

<ザクマシンガン>
改造シャアザクマシンガン
コミックを注意深く見ているとやっぱり細かいモールドがありました。
べつにいいかとも思いましたが手を加えることにします。
蛇腹のチューブに1ミリ程の四角いモールドを0.2ミリぐらい浅くデザインナイフで削りこみました。
細かい作業だったのでたいへんです(汗)。
今回はこのぐらいです。
次回は、武器に手を加えようかと思います。



機動戦士ガンダム ジ・オリジン ザクフィギュア機動戦士ガンダム ジ・オリジン ザクフィギュア
()
バンダイ

商品詳細を見る
胴体がガッシリしていてオリジン版ザクの特有の無骨な描写を忠実に作られています。
アニメ版とは違うバックパツク、ザクマシンガンに繋がる給弾チューブも再現されていますね。

オリジン版HGUCシャアザク、思わぬところに伏兵が。

こんばんわ、もうすぐ表面処理をして塗装作業をするはずだったのですが
残す武器の検証をして冷や汗タラタラ。
オリジン版のザクバズーカーのデザインって違うんですね。
前半分はほとんど同じなのですが、後ろの部分が全然違います。
バズーカーの弾頭が入っている弾倉が上側についています。
確かバナナマガジンという名称だったと思うのですが
もう唖然です。
で、気を取り直して改造作業に移ります。
コミックをよく見るとグリップやトリガーの位置が微妙に違うように思えるのですが
見なかった事にして、問題のマガジンと後ろの4本のノズルの部分を改修します。
分りづらいので写真にて

<ザクバズーカー改修部分>
改造シャアザク図解バズーカー
改修は大きく分けて5つの部分があります。
1.マガジン本体(青い部分)
2.マガジンと本体を繋ぐパーツ(赤い部分)
3.太くなったバズーカーの部分(紫色)
4.バズーカー後ろの部分(黄色)
5.4本のノズル(緑色)

1.マガジンは1.0ミリプラ版を3枚重ねた後、0.3ミリプラ版にマガジンのモールドを施した後
  両面に貼ってあります。
2.ジョイント部分はエポパ PRO-Hで作っています。
3.バズーカーの後部は太くなっていますので、1.0ミリプラ版を巻いて接着、更に
  0.3ミリプラ版に6箇所のモールドをカットした後、巻いて接着しています。
4.ノズルがつく部分は、エポキシパテで作ります。
  硬化後、ノズルをはめ込む部分をデザインナイフや丸やすりで削り、加工します。
  一回では成功しないので、削りすぎた部分はタミヤ光硬化パテで盛ったり削ったりを
  繰り返して形にしていきます。
改造シャアザク改修バズーカー2

5.ノズルはHGUCでは4本が一体成型されていますので、エッチングソーにて4本に分割します。
改造シャアザク改修バズーカー3
  それぞれのパーツの先端をタミヤの3.0ミリ丸棒で長さを延長後タミヤ光硬化パテで
  いびつになったノズルを丸くしています。

以上で改修ポイントの説明を終わります。

<バズーカーの比較>
改造シャアザクバズーカー改造シャアザク改修バズーカー1
キットと改造との比較です。
オリジン版はザク本体もそうですが、バズーカーも”いかつく”デザインされているようです。
私はオリジン版の無骨さが好きなので、改造してよかったと思っています。

では恒例のポーズ決め写真を
改造シャアザク全体10月28日①
改造シャアザク全体10月28日②
やっと改造は終了かな?
ザクマシンガンの小改造がありますが、それが終わればいよいよ表面処理、塗装作業に入ります。
マジでできるのか?
では、後日



機動戦士ガンダム ジ・オリジン ザクフィギュア機動戦士ガンダム ジ・オリジン ザクフィギュア
()
バンダイ

商品詳細を見る
胴体がガッシリしていてオリジン版ザクの特有の無骨な描写を忠実に作られています。
アニメ版とは違うバックパツク、ザクマシンガンに繋がる給弾チューブも再現されていますね。

プロフィール

Author:pukuchi
模型製作のペースは遅いですが、できるだけ詳しく製作状況を記事にしていきたいと思っております。
ところが現在、『模型制作の壁』にぶつかり修行中。
 

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
nowbsblogblog
アクセスカウンター
ガス給湯器ガス給湯器給湯器 世田谷区里親募集 犬里親募集 猫インターネット広告代理店dvddvd 300dvd 200
サイト売買 保険 オンラインカウンター ページランク 出会い 出会い エステ 美容整形 クレジットカード
消費者金融 キャッシング ローン 無料ホームページ 無料メールフォーム メールフォーム 社長ブログ アクセスログ解析 アクセス解析
ブログカウンターdvd社長ブログ給湯器地デジ アンテナアンテナ工事
無料カウンターデリヘル出張ホストデリヘル求人アダルトグッズ里親里親募集求人情報私書箱ブログ
無料ブログ美容室アルバイト情報シンクタンクwebコンサルティングインターネット広告seo対策インターネット広告代理店裏dvd無修正dvd裏dvd無修正dvd裏dvd 300円裏dvd 200円
無料アクセスカウンターdvd 200dvd 200dvd 200
裏dvd無修正dvd医薬品 買取ブログパーツアダルトサーバー海外サーバー海外レンタルサーバーレンタルサーバーレンタルサーバーアクセスカウンターアクセスカウンター無料カウンター
ブログカウンターアクセスカウンター無料カウンターデコメカウンターserverserverblog partsblogseosemthink tank
検索フォーム
RSSリンクの表示
店舗紹介
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。